待ち時間を有効にできる病院があれば

太陽光発電なら発電所を無くすことも可能です

現在私たちは日常的に利用している電力は、発電所に因って発電されて、私たちの元まで運ばれて来ています。
しかしこのやり方は、決して効率が良い方法とは言えません。
何故なら発電所で発電した電力が私たちの元に届くまでには送電線を使う必要があり、その間に一部の電力が失われてしまっているのです。
ですから現在の発電所で電気を発電して送電線で電気を送る方法は、電気を無駄にしてしまう方法だと言えるのです。
ですが太陽光発電ならば、発電所など作らなくても各個に発電する事が可能ですから、現在と違って電気の無駄を飛躍的に減らすことができます。
発電所を作るには広い土地が必要であり、少なからず環境に負担を掛けてしまいます。
それが太陽光発電なら発電所を作らずに済ませる事ができるようになりますから、広い土地も必要とせず環境に負荷を与える事もなくなるのです。
ですから電力を効率よく利用する為に、太陽光発電の推進に政府が力を入れて欲しいと考えています。
急ぎのときは太陽光発電にお伝え下さい。