待ち時間を有効にできる病院があれば

新築一戸建てなら太陽光発電は必須です

太陽光発電の設備を考える時に最も重要視されるのが費用対効果でしょう。
太陽光発電では初期投資がかなり高額になりますが、ランニングコストはあまりかからないという特徴があり、設備をするかしないかは初期投資のコストを負担できるかどうかということが重要となります。逆に言えば初期投資に見合う費用効果があれば初期投資をするかどうかの判断もつきやすくなります。
特に新築一戸建ての場合には設計時とともに太陽光発電の設備を入れることができるのでコストは低く抑えることができる可能性が高くなります。建てられた後の住宅に太陽光発電の設備をするとなればその設備をつけるための補強工事が必要になることが多いからです。
ある程度の出力のある太陽光発電の設備することができれば、オール電化の住宅で光熱費はほとんどいらなくなりますし、自治体などから補助金が出ますし、今のところは余った電力は売電をすることもできるというほとんどマイナス無しという状態です。
わからないことがありましたら太陽光発電を比較してみてください。